パター、身長での選び方

スポンサードリンク

パター、身長での選び方

慎重を基準にしたパターの選び方は正しくないように思います。
確かに身長を基準にすることは大事ですが、人それぞれ腕の長さもポジションも違うのですから、色々試しながら自分にあった選び方を知っておきましょう。
そして最近ではパターも34インチばかりではなく、32〜35インチの中から選ぶことができるので、自分のフォームと相談しながら選びましょう。

 

一般的に短いパターは地面に近いところで構えるため、カップが見えやすくショートパットに向いていると言われています。
長いパターは構えた時に、立ち気味のアドレスなので遠くまで見渡すことができ、そのため距離感が合いやすくなります。
長めの場合は、この距離感の理由からミドルからロングパットに向いています。

 

パターの長さはとても重要です。
しかし、選び方は身長を基準にするのではなく、構えた時に安定しているか、底の地面にあたる感じはちょうど良くついているか、など実際の使い心地の方が大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク