ピン型パターは繊細なプレイヤーに

スポンサードリンク

ピン型パターは繊細なプレイヤーに

ピン型パターを選ぶプレイヤーも少なくありません。
フェースが長く面長なのがいいところです。

 

アプローチで重要なのが方向性です。
ちょっとしたボール運びのズレでホールに蹴られてしまう、と涙をのんだ方も多いことでしょう。
特にゲームの重要な局面でそういうことが生じると、試合の方向性がガラッと変わってしまうこともあり得ます。

 

フェースが面長のピン型パターなら、重心距離が長いためにストローク中のブレも起きにくいのです。
フェースを感じやすいためにフィーリング重視のプレイヤーにとっては扱いやすいといえるでしょう。
しっかりとグリーンに向いていることを実感しながらスイングできるので、安定感があるといえます。

 

パターの選択ひとつで勝負が決まってしまうプロの試合のようなケースはアマチュアではまれなことと思いますが、それでも選択は大変重要になってくるのです。
繊細な方ほどこうした細かいタッチの感触を大事にするものです。
手や体の一部のようにショットができるのはなかなかの快感です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク