パターフェースの硬さと柔らかさの違い

スポンサードリンク

パターフェースの硬さと柔らかさの違い

パターを選ぶ際に検討事項にいれてほしい要素がフェースの硬さです。
フェースとはボールが直接当たる部分のこと。
ここでいかにコントロールしながらストロークを打てるかが正確なストロークにつながるのです。

 

硬いフェースのパターの場合、しっかりと弾いてくれます。
しかし、弾く勢いが強すぎてオーバーしてしまうことが多いことは、プレイヤーであればだれでも経験することです。
あっ!と思う間にボールはグリーンを転がり落ちていくのです。

 

ラバーを張っていない卓球のラケットでは、ボールが跳ねてしまっとコントロールがききません。
しかし、柔らかいラバーをしっかりと張ったラケットなら、じゃじゃ馬のようなサーブでも衝撃を吸収してまっすぐに返すことができるのです。

 

同じように柔らかいフェースのパターの場合、しっかりとフェースがボールを捕えてくれますからコントロールしやすいのです。
弾き過ぎも減ってオーバーしにくくなる利点もあるでしょう。

 

柔らかい繊細なタッチでボールコントロールできるので、芝目や傾斜が難しいグリーン上でも、しっかりとホールを捕えることができるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク