パターシャフトの位置に注目しよう

スポンサードリンク

パターシャフトの位置に注目しよう

パターを選ぶ際に気にかけておきたい面は、シャフトの接続位置です。
ボールが当たる面であるフェースとシャフトが一直線になっているものがあります。
一方でフェース面よりも前にシャフトがくるパターもあります。
どちらも一長一短ですが、自分に合っているのがどっちなのかを見極めることが重要です。

 

ストロークを打つ際に引っかけてしまいがちなプレイヤーには、フェースとシャフトが一直線になっているタイプがおススメです。
そうすると引っかけてしまいにくいからです。

 

逆にプッシュアウトしやすいプレイヤーであるなら、シャフトよりフェース面が後ろにきているタイプがいいでしょう。
フェースが後退しているためにフェースを閉じやすいといえます。

 

また、パターのフェースの端にシャフトがついているというデザインが主流となっていますが、なかにはフェースの中央部分にシャフトが刺さっているセンターシャフトと呼ばれるタイプも存在しています。
センターシャフトは引っかけにくいデザインが人気です。

 

パターでつい引っかけてしまうプレイヤーは、シャフトの位置にも気をつけてみたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク