パターグリップの太さとボールコントロール

スポンサードリンク

パターグリップの太さとボールコントロール

パターのグリップの太さもストロークをコントロールするのに重要です。
細いグリップや標準的な太さのグリップは、手先の感覚をボールに伝えやすくて繊細なボールコントロールを可能にしてくれます。

 

いわばフィーリングで打つプレイヤーには細いグリップが最適ということです。
ゴルフプロのほとんどは、標準的なグリップのパターを使っています。
手首のちょっとした返しなどで微妙なボールコントロールができるので、技術のある方にはとても楽しくゴルフができるでしょう。

 

逆に手打ちになりやすいプレイヤーやストロークがぶれてしまいがちなプレイヤーには、太めのグリップがおススメです。
太めのグリップや極太のグリップはしっかりと手でホールドできますので、震えやブレが起きにくくてボールコントロールできるのです。
力も入りやすく、パワー不足でお悩みの方にはいいかもしれません。

 

自分はどっちのタイプなのかをしっかりと把握して、パターを選ぶ際にはグリップの太さにも注目しておきたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク