パッティングスタイルに合わせたパター選び

スポンサードリンク

パッティングスタイルに合わせたパター選び

パターを選ぶ際に、自分のパッティングスタイルを考えることも大切です。
ゴルフのパッティングスタイルには、主に二つの流れがあります。
ひとつは大勢のプレイヤーが採用しているストローク式です。

 

ストローク方式とは、手首を固定したまま肩を動かすことでパッティングをするスタイルです。
いわば、体全体で振り子のように弧を描いてボールを打つのです。

 

もうひとつのパッティングスタイルはタップ方式です。
タップ方式とは、テークバックを小さくしコツンと打つパッティングスタイルのことです。

 

ストローク方式で打つ場合には、マレット型やピン型パターがもっとも適しているといえます。
一方、タップ方式で打つスタイルには、キャッシュインT型やピン型パターが適しているといえます。

 

自分のパッティングスタイルに合ったパターをぜひ選びたいものです。
山道にはマウンテンバイクであり舗装道路にはロードランナーであるように、ゴルフの用具もスタイルに合わせた選択をするのが上達の早道といえるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク