パターのネック形状に注目しよう

スポンサードリンク

パターのネック形状に注目しよう

パターを選ぶ際に気をつけておきたいのがネック形状です。
ネックとは、長い軸であるシャフトとボールを当てるヘッドをつなぐ部分です。
人間でいえば体と頭をつなぐ首ということになるでしょうか。

 

人間の場合は頭と体は一直線上にまっすぐつながっています。
しかし、ゴルフのパターの場合はズレているのが普通の形状であるのです。
シャフトの軸からオフセットしてヘッドがついています。

 

クランク状に直角にオフセットしているのがカギ型です。
ネック部分が傾斜して角度が付いているのがスラントネック型です。
いずれにしてもシャフトを垂直に下ろしたときに、それよりもボールと反対側にオフセットしていることになるのです。

 

パッティングは実に繊細なものです。
ちょっとした角度の違いや、ちょっとした位置のずれがホールを外してしまう要因となります。
正確無比の技術がいるのですが、プロゴルファーでさえそんなことはできません。
だからこそ、パターにこだわって少しでも精度を上げたいと思うのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク