人を選ぶセンターシャフト型パター

スポンサードリンク

人を選ぶセンターシャフト型パター

パターの名手が使えば鬼に金棒といえるのが、センターシャフト型のデザインです。
シャフト軸とヘッドがオフセットしていませんので、じかに当たる感覚です。
オフセットシャフトの普通のパターの場合は、シャフトの回転があるとヘッド部分がより傾くのでわかりやすいのです。
またシャフト軸がオフセットしているので、感覚的にパッティングがしやすいといえるでしょう。

 

一方でセンターシャフトの場合はヘッドの回転が少ないために、左右に傾いていてもすぐにはわかりません。
しかし、スイートスポットに当てるだけの技術があるなら、センターシャフトは直進性に優れていて絶妙なラインを描けます。
センターシャフト型はパターの名手が使え、といわれるのはそのためです。

 

技術がそこまででなくパッティングにもバラつきがあるプレイヤーなら、オーソドックスなオフセットしたパターのほうが無難といえるでしょう。
そうはいっても、あえて困難な道を選ぶ修行僧のようなゴルファーもいるでしょうから、飛躍的な成長を期待してみたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク