自分に合ったパターの長さ

スポンサードリンク

自分に合ったパターの長さ

パター選びで見落としがちなのが、長さです。
一般的には33インチから35インチというのが標準的といえるでしょう。
なかには31インチという短いものを使うプレイヤーもいます。
現在の主流は一般的な長さから、もっと長い長尺ものだといえるでしょう。

 

パターの長さを決める基本は背が高ければ長いものを、背が低ければ短いものをということになります。
また、背が高くても手が長い人は短めのものを好んで使う人も多いようです。

 

長尺パターは手首などのブレが影響しにくいことで安定したパッティングができるのが特徴です。
パッティングが安定すると、芝や傾斜などの要素を入れて微妙な調整がしやすくなるのです。

 

短めのものは視線が地面に近いために正確なパッティングがしやすいようです。
特にショートパットの場合にはそういえるようです。

 

実際に決める時は、感覚が重要です。
試し打ちしてストロークしやすい長さをみつけましょう。
それがいちばん信頼できる決め方です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク